創設者プロフィール

増渕 正彦
  • ▽ 創設者
  • 増渕 正彦
  • 昭和31年9月20日生まれ
  • ▽ 略歴
  • 昭和57年3月 東北歯科大学卒業
  • 昭和57年4月 東北歯科大学口腔外科第二講座入局
  • 昭和59年3月 同大学同講座退局
  • 昭和59年 栃木県那須郡(現:那須塩原市)にて増渕歯科医院を開院
  • 平成10年 福島県郡山市にて西部歯科クリニックを開院
  • 平成12年 マエストロインプラントシステム インストラクター就任
  • 平成13年 ICOIフェローシップ修得
  • 平成15年 ICOIディプロメント修得
  • 平成15年8月 医療法人正祐会 開設
  • 有限会社クロノームラボラトリー 開設
  • 平成16年 筒井塾東京(ハーマンズコース)インストラクター就任
  • ▽ 主な学会発表及び講演
  • 平成11年 日本顎咬合学会学術大会にて発表
  • 平成12年 日本顎咬合学会学術大会、日本全身咬合学会学術大会にて発表
  • 平成13年 日本顎咬合学会学術大会、日本全身咬合学会学術大会にて発表
  • 平成14年 日本顎咬合学会学術大会にて優秀賞を授与
  • ICOI国際学術大会(東京)にて発表
  • 平成15年 ICOI国際学術大会(ロサンゼルス)にて発表
  • 平成16年 米国ペンシルバニア大学歯科国際学術大会にて講演
  • 日中国際インプラント学会学術大会にて講演
  • ▽ 主な論文及び出筆
  • ・Occlusal Theory Considering of Stress Management(OTS) and the Application of the Theory to Implant Therapy/Proceedings of 5th World Congress for Oral Implantology:124-129、2001。
  • ・ストレスマネージメントを考慮した咬合再構築法。その1/ストレスマネージメント仮説の検証。
    The Quintessence、11月号:181.189 2002年
  • ・ストレスマネージメントを考慮した咬合再構築法。その2/順次誘導咬合に即した咬合構築法。
    The Quintessence、12月号:155.163 2002年
  • ・Slavicek philosophy に基づいたプラキシズムの有用性について-その自立神経学的検討。
    日本顎咬合学会学芸誌 第23巻 第2号。1658-171 2003年
  • ・ストレスマネージメントを考慮した咬合調整法。その1/OAS(Occlusal Adjustment For Stress-Management)。
    The Quintessence、1月号:131.145 2004年
  • ・ストレスマネージメントを考慮した咬合調整法。その2/OTS(Occlusal Theory For Stress-Management)。
    The Quintessence、2月号:109.116 2004年
旧増渕歯科医院
増渕歯科医院 地図

医療法人社団 正祐会 本院
増渕歯科医院

〒329-2756
栃木県那須塩原市西三島1-155-3
TEL(0287)36-7750 FAX(0287)36-8821
URL https://masubuchi.or.jp/
MOBILE http://just.st/911095/

メールで送信 ⇒ http://just.st/911095/