インプラント

最先端の技術を用いたインプラント治療です。

歯の最も重要な役割は、噛む事です。前歯は、食物を切り裂く機能と同時に審美的な要素も併せ持ち、奥歯は食物を噛み砕くといった機能を持っています。しかし、虫歯や歯周病、不幸な事故により歯を失ってしまう場合があります。

たった1本の歯を失うだけでも機能と審美性が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。ですから、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補っておかなければなりません。

虫歯や歯周病によって歯がなくなった場合に施される補綴処置(入れ歯など)の目標は、できるだけ天然歯に近い人工歯を入れ、噛む機能を蘇らせる事にあります。

インプラント

しかし、歯の数が少なくなるほどこの目標を達成する事が難しくなります。入れ歯では、柔らかい歯肉とその下の顎の骨の形が常に変化する為に、長期間の機能を果たすのが不可能な事がしばしばあります。また、これが原因となり最終的に入れ歯が合わず、安定しなくなってしまう事すらあります。

そこで、歯の失われた部位の顎の骨の中に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける事により、失った歯と歯根の機能を回復する治療方法がインプラント(人工歯根)治療なのです。

実は、歯を失うと言う事は、歯冠だけでなく噛む力を支える歯根までも失ってしまっているのです。

【 インプラント治療の特徴 】

  • ▽ 利点
  • ○ 固定式なので、安定性がよく、食物を噛み砕く事ができます。
  • ○ 自分の歯と同じような感覚で噛む事ができ、食べ物の味や感触が良くわかります。
  • ○ 周りの歯を傷つけません。
  • ○ インプラントが、あごの骨がやせるのを防ぐと言われます。
  • ▽ 欠点
  • × インプラントを植立する為の手術が必要です。
  • × 強度の糖尿病などの疾患の場合、インプラントが出来ない事があります。
  • × 歯触りが鈍いです。
  • × 現在、保険の適用はありません。
  • × 治療本数、部位などによって費用は異なります。
◇ 症例1 術前症例 術前 1-1
 症例 術前 1-2
 症例 術前 1-3
症例 術前 1-4
症例 術前 1-5
症例 術前 1-6
◇ 症例1 術後症例 術前 1-1
 症例 術前 1-2
 症例 術前 1-3
症例 術前 1-4
症例 術前 1-5
症例 術前 1-6

また当院では確実な診断を得るための画像診断CTを院内に設置しております。

CTでの診断・検証・治療

『インプラントは、健康でかつ最低限の骨の幅・高さが必要になってきます。』

また、歯が有する感覚受容器の歯根膜というセンサーをインプラントは有していません。その分、被せた歯の咬み合わせをより慎重につくり上げ、長期的なメインテナンスを続けていくことがインプラントを含めた、お口の状態の長持ちにつながってきます。

『インプラント治療は健康保険の適用外となります。』

費用は患者様の状態や治療内容によって異なりますので、事前に担当医よりご説明させていただきます。それらをご納得いただけましたら治療に入らせていただきますので、安心してご相談下さい。

【 インプラント治療の流れ 】

お困りの点や患者様のご希望、お身体の状態や病歴などを総合的にお伺いいたします。
治療前の歯・歯肉・咬み合わせなどを、最先端の治療機器を用いて検査いたします。
また顎の骨の状態がインプラント治療に適しているか、合わせて検査します。
カウンセリングと検査結果を基に、治療計画や費用の詳細をご説明・ご相談を行い、患者様にご検討いただきます。
口腔内を清掃後、麻酔、インプラント埋込手術を行います。
埋入したインプラントが骨と完全に結合するまでの経過を、定期的に診察して様子を見ます。(約12週~16週))
インプラントに支台を立てる手術を行います。
歯肉が安定したら型を採って、最終的にあなたの歯になる人口歯を作製して装着します。
治療後のインプラントに対しても、定期的にメインテナンスを行ってまいります。
増渕歯科医院 地図

医療法人社団 正祐会 本院
増渕歯科医院

〒329-2756
栃木県那須塩原市西三島1-155-3
TEL(0287)36-7750 FAX(0287)36-8821
URL https://masubuchi.or.jp/
MOBILE http://just.st/911095/

メールで送信 ⇒ http://just.st/911095/