審美歯科

コンセプトは天然の歯との調和です。

海外では一般的ですが、最近は日本でもモデルや芸能人をはじめとして、歯科治療により自分自身の口元を美しくする方々が増えてきました。

審美歯科での治療は、ホワイトニングや銀歯とセラミックの歯との交換だけに留まりません。

1本1本の大事な歯を顔との調和を図りながら、より自然に、そして美しく改善していくため、最新の治療技術を用いてトータルにお手伝いをいたします。

ホワイトニング/プロクリーニングについてはこちらをご覧下さい。
ホワイトニング/プロクリーニング

【 ダイレクトボンディング法 】

天然歯の色合いは、光の反射率の高い象牙質と反射率が低く透明性のあるエナメル質、ふたつの異なった性質が重なり合って作られています。

そこで透明性の異なるペーストを積層築盛することで、天然歯のように自然観あふれる美しさの再現を可能にしました。海外で高い評価を得ている、美しさとやさしさを兼ね備えた治療法です。

  • ▽ 利点
  • さし歯と違い歯質の削除量が少ない。
  • 修理がきく。
  • 来院したその日のうちに治療が終わる。
  • ▽ 欠点
  • セラミックと比べると、色調は劣る。
◇ 症例1症例 1-1
 2時間後
 症例 1-2
金属を使用しない差し歯。

これまでの歯科治療においてかぶせ物をする際には、金属色が目立つ、金属アレルギーがある、特に前歯では材料が変色するなど様々な問題がありました。
しかし、近年、材料や技術の進歩により金属を用いずセラミック(陶材)を使用することで、天然歯と同等の自然感を得ることが出来ます。

【 セラミック治療 】

  • ▽ 利点
  • ○ 生体親和性。※1
  • ○ 耐久性は天然歯の2倍と強靭。
  • ○ 自然な透明感。
  • ○ 色調・形態の安定。
  • ※1 天然歯よりプラークの蓄積が少ないことが証明され歯肉への為害作用も少ないといわれている。
  • ▽ 欠点
  • × 異常習癖がある場合の成功率の低下。(60%)
  • × 修理が困難。
◇ 症例1症例 1-1
 症例 1-2
◇ 症例2症例 2-1
 症例 2-2
◇ 症例3症例 3-1
 症例 3-2

【 ラミネートベニア修復 】

薄いシェル状のセラミックを使用した修復方法です。
過剰な支台歯形成を避け、歯質を保存しながら審美的な回復ができる。

◇ 症例1症例 1-1
 症例 1-2
◇ 症例2症例 2-1
 症例 2-2
◇ 症例3症例 3-1
 症例 3-2
CEREC 審美治療システム
増渕歯科医院 地図

医療法人社団 正祐会 本院
増渕歯科医院

〒329-2756
栃木県那須塩原市西三島1-155-3
TEL(0287)36-7750 FAX(0287)36-8821
URL https://masubuchi.or.jp/
MOBILE http://just.st/911095/

メールで送信 ⇒ http://just.st/911095/